ネットで収入を得る!在宅ワークで稼ぐならライティング!!

ネットで収入を得る!在宅ワークで稼ぐならライティング!!

1.ライティングという副業

在宅ワークをしてみたいなと思っていても、自信の無さから、今一歩足を踏み出せなかったりすることがあるかもしれません。
そんな人でも、気軽に挑戦できるのがライティングです。ライティングは文章を書く仕事です。

自分が普段口にしていることや考えていることを、文章に書き出すだけでお金を得ることができます。

自宅で出来るライティング

ライティングは数ある在宅ワークの中でも、難易度の低いほうの仕事です。ホームページを作るわけではないので、プログラミングのスキルは不要です。
絵を描いたりするわけではないので、デザインセンスが身に付いている必要もありません。必要なのは、日本語の読み書きが人並み程度にできることです。

読み書きのレベルは、中学生程度で問題ありません。小説に書かれているような、独特な手法が必要になるわけではないのです。
ライティングの大半の仕事は、普段書いている日記のような文章となります。

在宅ワークの中でも注目されているクラウドソーシング

ライティングの仕事の受注は、一般的にクラウドソーシングサイトを利用します。このサイトは、仕事の発注、受注が自由に行えるようになっています。
在宅ワークでは、企業と雇用契約を結ぶことはまれです。ほとんどの人は個人で仕事を受注しています。

実績の少ない個人が、1人で仕事の受注のために奔走するのは大変なことです。クラウドソーシングサイトであれば、営業のために自ら動き回る必要はありません。
また、このサイトには、自分ができると思った仕事だけを選んで受注できる特徴があります。

ライティングの仕事で稼げる金額は、発注者や案件によりかなりばらつきがあります。1文字1円の案件もあれば、1文字0.1円の案件もあります。
慣れないうちは安い案件から受注するのがいいでしょう。契約の種類によっては、仕事の駄目出しをされて何度も書き直す羽目になることもあります。

案件が安いということは、それだけ楽な仕事の証明でもあります。単価の高い案件は、自分の文章スキルに自信が持てるようになってから挑戦するようにします。
ライティングは汎用性の高い仕事です。ブログを作ることができれば、アフィリエイトでの収入も可能になってきます。ブログ作りで大切なのは文章です。

まとめ

人の興味を惹ける文章を書くことができれば、ブログ訪問者の数は自然に増えてきます。ブログであれば、発注者の都合に合わせて仕事を行う必要はありません。
プライベートの時間を大切にしながら仕事を行えるようになります。

在宅ワークで生計を維持できるようになれば、自分の思ったとおりの暮らしが送れるようになります。
その暮らしを目指す第一歩として、ライティングが最もはじめやすいのです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ