副収入は20万を超えると申告が必要!注意点3つ!!

副収入は20万を超えると申告が必要!注意点3つ!!

1.副業で在宅ワークをする際に注意すること

ネットでお小遣い稼ぎをしたり、副収入を得ている方はかなりの数に上ると思います。クラウドソーシングの市場が広がっていますが、登録者数もどんどん上昇しています。
副収入を得ている方は、主婦や個人事業主の方に限らず、サラリーマンやOLなど、会社勤めをされている方も多いですよね。

副業OKな会社なら問題はありませんが、気が付いたら副収入が20万を超えてしまったという方もいらっしゃると思います。

2.確定申告が必要な場合がある

このお小遣い稼ぎでの副収入は20万円を超えると、申告が必要になります。主婦の方は、扶養になっているのでその範囲内に収入を収めたいという方も多いですよね。
そのような方の場合は、しっかりと計算をして収入を得ることが必要になります。

副収入で20万円を超えると確定申が必要になりますが、もしサラリーマンやOLで、20万円を超えてしまったが、会社には知られたくないという場合には、確定申告の時に出来る対策があるそうです。副収入があったことが実際に会社側に通知されることはありませんが、源泉徴収額は会社に通知されます。

3.問題にならないように注意が必要

この源泉徴収額の差額に会社側が気付いた場合に、副収入があったと知られることになるわけですが、確定申告の時に、給与所得以外の収入があったことを申告する欄があり、そこへのチェックをしておけば、住民税額に反映されないので、副収入額は分からないそうです。

ただし、この場合は給与所得でない場合、オークションでの収入などの場合であって、もし給与として受けてしまった場合には、やはり会社への通達の額に反映されてしまうことはあるそうです。ここの部分が問題になり、本業に影響が出てしまうようでは本末転倒ですから、会社が副業を認めているかのチェックが、まず最初の時点での確認として不可欠ということですね。

最後に

もし20万円を超えない範囲なら、申告をする必要はありません。

給与所得ではなくても、オークション収入や、頼まれた手伝いごとでの収入、ポイントサイト収入なども、この範囲に含まれたりするので、やはり気になる場合は事前にチェックしておくことをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ